2016年03月25日

出たらめの記(1915)における「兀」って何……?

 「出たらめの記」は、大正四年(1915)に出版された。
 著者は矢野龍渓。
 以前も少し取り上げたけれど、盤双六について書かれている箇所がある。
 
 近代デジタルライブラリー:出たらめの記(雙六の博来)
 関連記事:『出たらめの記』における雙六の紹介
 
 
 今回、ふと読み直してみたら、こういうことが書かれている。

 
 今の若き人々は真双六【ほんすごろく】の何物なるやを知らぬ者さへ多し、此の双六は、以前大名の奥向、武家方杯には古くより行われたるもにして、其法は、雙六盤あり、二人相対して勝を競ふこと、碁又は将棋の如し、局の上に、雙方各々十五の黒白の石を有し、骰は二箇あり、目に依って、我石が敵陣より早く味方の陣に入り来るを競ふを大則とす、其間に敵に切らるるあり敵を切るあり、蒸と称ふるあり、兀と称するあり、予の郷里などにては、予の少年時迄、年頭には武家屋敷にて、中々はづみたるものにて、今も尚ほ之を弄び居るならむ。
 
 
 「蒸」はわかる。無地(蒸し)勝ちのこと。
 じゃあ……「兀(はげ)」って何……?
 
 また、盤双六にわからない単語が出てきちゃったよ……。
 兀勝ち……?
 
 
 
 ちなみに、wikipediaの矢野龍渓を読むと、「豊後国(現在の大分県)に、佐伯藩(毛利家)の藩士・矢野光儀の長男として生まれる。」とある。
 幼少の頃遊んでいた、ってことは、其の頃の大分県には盤双六はあったらしい。
 
 
 
 
 
posted by 六郎 at 00:00 | Comment(0) | 関連資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: