2017年03月26日

バックギャモンが5000年の歴史とか言うのやめよう

 バックギャモンは5000年の歴史がある……という感じで言われてますが……。
 ないですからね!
 
 
 確かに、ウルやセネトから分岐して、バックギャモンが生まれたのかもしれません。
 でも、別のゲームです。ルールうんぬんどころか、ボード自体が違うんですもの。
 そもそも、バックギャモンが5000年の歴史があるという方々は、その分岐元となったウルやセネトのルールを説明できるのでしょうか?(ウルやセネトの遊び方は、研究者たちの間でも意見がわかれているようです)
 それらとバックギャモンがどれくらい違うのかを理解した上で、バックギャモンは5000年の歴史だと言えるのでしょうか。
 
 
 ニンテンドースイッチはファミリーコンピューターから進化して生まれました。
 でも、ニンテンドースイッチは三十年の歴史がある、とは言いません。
 
 いえ、もっといい例えがありますね。
 どうぶつ将棋は将棋から生まれました。
 それを将棋の歴史と並べて、どうぶつ将棋は一千年前から遊ばれていると言う人はいません。
 それどころか、チャトランガを引っ張ってきて、どうぶつ将棋は2000年前から遊ばれている、なんて言ってもナニイッテンダコイツです。
 
 
 バックギャモンは5000年の歴史がある、とか言う人が少なくなるといいのですが……。
 
 
posted by 六郎 at 12:12 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: