2017年04月02日

盤双六は一時消滅したの?

 結論からいうと、してないと思います。
 プレイ人口が少なくなっていたのは確かでしょうが、それだけです。
 
 
 その証拠となるものを、最小限挙げると次のようになります。
 
 
 1)1932年、京都の好事家杉浦丘園が宝鏡寺にて大規模な双六会を行う。(『雲泉荘山誌 別冊 すごろく(未定稿)』より。この時点でも伝統ゲーム扱いで、プレイヤーは少なくなっていたようだがちゃんといたらしい)
 2)1961年、『一月の京都 古代遊戯雙六の話』刊行。この著者は1932年の双六会を見てきており、盤双六の保存活動を行っている。
 
 
 少なくとも、1932年の『雲泉荘山誌 別冊 すごろく(未定稿)』のときにはプレイヤーが生きていました。
 つまり、この時点で滅んではいないわけです。
 
 また、『一月の京都 古代遊戯雙六の話』の著者は1932年の双六会に参加した上で、保存活動を行っており、1969年まで生きておられました。
 となると、1969年までは保存活動をされているプレイヤーが存命だったことになります。
 
 
 では、田中緑紅さんがなくなったとき、盤双六は消滅したのでしょうか?
 そんなわけ無いですよね。
 その頃にはいろいろな雑誌で古代遊戯として盤双六が紹介されていたり、『大和文化研究(第三巻第五号)』で盤双六が特集されていたり、複数の研究者が保存活動を行っていたり、そもそも宝鏡寺で遊ばれ続けていたりしました。
 
 つまり、過去から現在に至るまで、盤双六が消滅していた時期はありません。
 プレイヤーが少なくなっていたかもしれませんが、一部プレイヤーと研究者、保存に努力する方々のお陰でずっとつながっていたのです。
 
 
 wikiやその他の雑学で紹介されているような、盤双六は○○頃には消滅していた、との説には反対を唱えたいと思います。ほそぼそとかもしれませんが、プレイヤーはいました。(ほとんど遊ばれていない=消滅ではありません。人吉のうんすんかるたは現代にうんすんかるたの遊び方を伝えてくれました)
 
 
 ちなみに衰退した理由ですが、他に面白いもの、興味のあるものがどんどんできた……からだと思います。
 同じ遊戯でいうなら、かるたや花札。
 趣味ということなら、平和な江戸時代に生まれた数々の趣味。
 
 近年だとスマホの普及が趣味の時間にも侵食したように、江戸時代に生まれたいろいろな娯楽は、プレイ時間が長い盤双六の広がりを抑えてしまったのではないでしょうか。同時期に中将棋も衰退しているのですが、時間がかかり、かつ二人しか遊べないゲームよりも、花札など短い時間で多人数で遊べるゲームのほうがシェアを拡大するのは自然でしょうし。(ちなみに、海外でもバックギャモンは衰退していました。プレイングカードやドミノに押されてシェアが小さくなったと思われます。復活するのはダブリングキューブが生まれてから。プレイ時間が短くなり、遊びやすくなったという側面があると思います。……あと、賭け金が一気に高くなる刺激性ですね……)
 
 
 より面白いものがあれば、そちらに時間が流れるのは今も同じだと思います。
 
 
posted by 六郎 at 00:00 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月31日

盤双六とバックギャモンは同じなの? 違うの?

 結論から言えば、同じといえば同じで、違うといえば違うと思います。(過去の発言は忘れた)
 
 たとえば麻雀だと、赤入り、赤抜きでは打ち方は変わってきます。
 また採用役の種類や、東風戦か半荘戦かでも打ち方は変わってきます。
 それでも、大枠の「麻雀」ということでは同じです。
 
 
 盤双六とバックギャモンも同じことです。
 24のマス目がある盤面、15の駒、2つの賽を使う競技としては同じですが、ルールが若干違います。
 
 盤双六は、バックギャモンという名前の遊具で遊べるルールの一種──、クラシカルルール(盤双六ルール)です。(1300年くらい前なら、日本の盤双六も海外のバックギャモンも「同じルール」だったでしょうし。ただし、日本や海外にも同じボードを使ったいろいろなルールが残っています。1300年くらい前の「本双六」ルールと、海外の一部の「バックギャモンルール」は同じだった……程度ですが)
 
 
 なので、同じといえば同じで、違うといえば違います。
 
 
posted by 六郎 at 00:00 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月26日

バックギャモンが5000年の歴史とか言うのやめよう

 バックギャモンは5000年の歴史がある……という感じで言われてますが……。
 ないですからね!
 
 
 確かに、ウルやセネトから分岐して、バックギャモンが生まれたのかもしれません。
 でも、別のゲームです。ルールうんぬんどころか、ボード自体が違うんですもの。
 そもそも、バックギャモンが5000年の歴史があるという方々は、その分岐元となったウルやセネトのルールを説明できるのでしょうか?(ウルやセネトの遊び方は、研究者たちの間でも意見がわかれているようです)
 それらとバックギャモンがどれくらい違うのかを理解した上で、バックギャモンは5000年の歴史だと言えるのでしょうか。
 
 
 ニンテンドースイッチはファミリーコンピューターから進化して生まれました。
 でも、ニンテンドースイッチは三十年の歴史がある、とは言いません。
 
 いえ、もっといい例えがありますね。
 どうぶつ将棋は将棋から生まれました。
 それを将棋の歴史と並べて、どうぶつ将棋は一千年前から遊ばれていると言う人はいません。
 それどころか、チャトランガを引っ張ってきて、どうぶつ将棋は2000年前から遊ばれている、なんて言ってもナニイッテンダコイツです。
 
 
 バックギャモンは5000年の歴史がある、とか言う人が少なくなるといいのですが……。
 
 
posted by 六郎 at 12:12 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月26日

古事類苑に掲載されている古典に登場する「双六」

 メモ代わり。

 近代デジタルライブラリー:古事類苑(雙六)
 
 日本の古典で登場した「雙六」の箇所がまとめて抜き出されている。ものすごい資料。
 
 
posted by 六郎 at 00:00 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月02日

盤双六史上の大発見! 「雙陸手引抄」

雙六手引抄0.png

 遊戯史研究家にして、書籍などでたくさんのゲームのルールを紹介されている草場純さんに、「今回の目玉」といい添えて資料を送っていただいた時、本当に驚きました。
 今までずっとそうだと信じられていた「ある定説」が完全に覆ったからです。

 それが掲載されているのが1679年(延宝七歳)に書かれた『雙陸手引抄』。


■ 定説を覆す箇所

 まずは、その場所の画像を御覧ください。


1_85.jpg

2_85.jpg

 バックギャモンをプレイされている人がご覧になると、「え? 珍しい形かもしれないけど、これあり得る陣形じゃない?」と思えるかもしれません。でも、盤双六とバックギャモンの両方知っている人が見たらどうでしょう。
 少なくとも、私は「ええええええ!」となりました。

 その理由なのですが……。
 これ、盤外に出ているコマって、「盤双六には存在しない」と言われ続けてきた「ベアリングオフ」をした後のコマですよね!?
 というのも、「切って=ヒットして」外に出ているコマなら、こんな陣形がありえるはずがないですし。ヒットされた駒なら、こんなに貯まる前にボードの中に入ってきてるはずですし。(ものすごい確率でゾロ目などを振り続けたら別ですが……でも、そんな状況をわざわざ書で解説するとは思えません)


 ベアリングオフがあったと思われる図は他にもあります。


3_85.jpg

4_85.jpg
 
 上の2つの図のように、「もし、ベアリングオフがないルール」=「先に自分の陣地に全部コマを入れたら試合はそこで終わり」なら、わざわざサイコロ振らなくてもいいじゃん……と思われる解説があるのです。(というのも、ベアリングオフがないルールなら、後一回降ったら終わり、あるいはすでに終わっている陣形なのですから)


 よって結論。

 1679年当時、盤双六にはベアリングオフがあったのです!


 ※ですが、1811年に発表された『双六独稽古』にはベアリングオフのルールはありません。つまり、1679年から1811年の間にルールの変遷があったのではないか、と草場純さんは推測されています。


■ この『雙陸手引抄』はだれでも見れる!

 草場純さんが所蔵している龍谷大学に持ちかけ、お金を払ってマイクロフィルム化してもらったそうです。そのお陰で、今ではだれでもオンライン上にある資料を見ることができるのです!
 草場純さん本当にありがとうございます!


 雙六手引抄(龍谷大学図書館 貴重資料画像データベース)


 と、いうわけで。この素晴らしき宝の山──『雙陸手引抄』をご覧になって何かお気づきになられた方、よろしければ案や説などをご教授いただければ幸いです。
 本当、研究はまだまだ手付かずに近い状態のようですので。


 
posted by 六郎 at 19:53 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月30日

明治中期にはゾロ目ボーナスやギャモン勝ちが紹介されていた!

 さて。
 またしても盤双六史上の凄まじい発見をしてしまったわけだが!

百科全書b.JPG

 『百科全書 戸内遊戯方篇』は1883年に出版された。
 海外の百科事典の翻訳で、そこに「バックガムモン」の項目があり、その真下に「雙陸」という文字が充てられている。

 何気ない表記だが、ここは結構重要。
 つまり訳者はバックギャモン紹介の英文を読んで、「これは雙六だ」と認識したということなのだから。当時知識の差はあれど、雙六はまだ忘れ去られたわけではない遊戯だったと考えられるのと同時に、雙陸という言葉を充てれば、それで読者が理解できると考えた可能性まである。(というか、雙六に対する説明がない以上、「雙六」で読者にも伝わったのだと思われる。ちなみに当時、同じ「すごろく」でも、「双六」は紙双六で、「雙六」は盤双六という使い分けがされていたようだ。今じゃあ混同されてるし、あー……このブログでもちょっとだけしか意識せずにあまり使い分けていません、すみません……)


 ポイントはそれだけではない。
 書かれている内容が極めて重要なのだ。

百科全書c.JPG

 ニ骰ヲ投スルトキ共ニ同数ヲ得ルトキハ之ヲ「ダブレッツ」(同数目重複)ト呼ビテ出現ノ数ヨリ一倍ヲ興フ例ヘハニ骰一時ニ三を現スルトキハ六ナリ此ニ十二ヲ興フルガ如シ

 (意訳)2つのサイコロを投げる時、両方同じ数が出た時、これを「ダブレッツ」と呼んで出た数の倍を進める。例えば2つ同時に「三」が出たとき合計六だが、これは「十二」を出したのと似たようなものである。


 「ゾロ目2倍ボーナス」!
 しかも、他の場所には「ベアリングオフ」を含む「ギャモン勝ち」の紹介まである!

 『世界遊戯法大全』などで紹介されたバックギャモンは、バックギャモンというルビはあてていたものの、日本の盤双六のルールを紹介しているだけで、ゾロ目2倍ボーナスやらベアリングオフについての説明はなかった。
 なので、本当にバックギャモンが上陸していたとは言いがたい部分もあった。

 だけど、『百科全書 戸内遊戯方篇』にはきちんと書いてある。
 これはおそらく新発見。
 というのも、もし発見されていたら研究書に真っ先にかかれるべき重要なことだから。(というか、今までの盤双六研究書、江戸時代に衰退していると書いてあるものばっかりだったりするのですよ。まる一冊盤双六研究の『すごろく』でも『日本遊戯史―古代から現代までの遊びと社会』でも。今まで江戸時代に廃れたと言われ続けてしまったおかげか、明治時代以降の書物はあまり研究対象に入っていなかったのかも知れません)


 これのお陰で、「バックギャモンが再上陸する頃には盤双六がすでに廃れていた」という通説が決定的に破棄されることになった。(なお、ダブリングキューブはさらに時代が降りて1920年代になってからの発明なので、この時代にないのは当たり前)

 というわけで、貴重なバックギャモンのイラストがある部分の画像を。


百科全書a.JPG


 で、この『百科全書 戸内遊戯方篇』が当時どれくらいの認知度だったのかはわからないんだけど……。

 かなり影響力は高かったんじゃないかなあ、と想像している。
 というのも、この百科全書のシリーズ、戸内遊戯方篇というサブタイトルがついていることからわかるように、色々な篇があるわけで。天文学篇やら地質学篇どころか、豚・兎・食用鳥・籠鳥篇とか彫刻及捉影術篇とか、物凄くマイナーなのまで数十冊あるまさに百科事典っぽい百科事典だったり。(それだけ出せるってことは、それだけ売れたって推測もできるし、結構読まれたんじゃないかなあとは思う)

 明治維新後、海外の文化を取り入れようとした文化人たちが一生懸命訳した結果で、おそらく学者・学生・知識人たちはこれを手にとってたくさん勉強をしたんだと思う。


 ブログを開設してちょうど一年の区切り。
 自分でいうのもなんだけど、いい発表ができたんじゃないかな!
 (あ、でも、もうさすがにネタ切れなので、今後の新発見は期待しないで……)


 
posted by 六郎 at 00:27 | Comment(0) | 遊戯史まわりの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする