2016年03月24日

2016年03月21日に開催された盤双六ワークショップを見てきました。

盤双六002.JPG
 
 2016年03月21日に、大阪にて、盤双六ワークショップが行われていたので、見に行ってきました。
 
 内容は、
 
 ・増川宏一 双六以前の遊戯盤について 
 ・草場純 雙六手引抄(1679)」の解読
 ・木子香 「譜双」の日本語訳(序報)
 ・高見友幸 双六盤にみる古典文学意匠
 
 の四題。
 どのお話も、それぞれみなさんの分野から盤双六にスポットを当てた興味深いものでした。
 
 次回もありそうですので、興味ある方は。
 
 
posted by 六郎 at 00:00 | Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月02日

大阪府立中之島図書館で「描かれた盤雙六 バックギャモン以前の日本雙六史」

 開催日時:平成26年12月1日(月曜日)〜平成26年12月27日(土曜日)
 内容:「ふりだしから進んで、あがりで終わる「絵すごろく(双六)」とは違い、シンプルな盤の上で駒を進めていく「盤すごろく(雙六)」。紀元前二六〇〇年頃の中東で遊戯盤が使われていたことが分かっています。やがて日本に伝わり、正倉院宝物として現存しているほか、あまりにも流行したため法律で禁止されることになります。これら数々の絵巻や史料に描かれた「盤雙六」のある風景を複製絵巻を中心に展示いたします。」


 大阪府立中之島図書館の2階大阪資料・古典籍室1ほかで展示とのこと。
 これは行かなきゃ。


 サイト:第123回大阪資料・古典籍室小展示「描かれた盤雙六 バックギャモン以前の日本雙六史」


 
posted by 六郎 at 21:38 | Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月15日

高田馬場ブリッジセンターで本双六の大会が開催!

 草場純さんに教えていただきました。
 2014年11月29日土曜日19時〜21時半、本双六の大会を東京都新宿区の高田馬場ブリッジセンターで開催するとのことです。参加費は400円。

 場所:高田馬場ブリッジセンター

 興味のある方は是非!


 
posted by 六郎 at 13:53 | Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月09日

バックギャモンフェスティバル2013の案内状が届いた

 以前、ROLL誌に原稿を書かせていただいた関係か、バックギャモンフェスティバルの案内状を頂いた。(と言っても、行けないわけだけれど)
 そこに素敵な記載があった。

バックギャモンフェスティバル2013_001.JPG

 『初級戦参加者(10月12日限定)、小学生大会参加者、期間中初めてルールを覚えた人』にMボードをプレゼントというのだ。(先着50名)

 これは、心底良い企画。
 実際にボードがあれば、プレイする機会増えるもんなー。


 
posted by 六郎 at 18:01 | Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする